なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「魚介とんこつ、替え玉」@ラーメン海鳴 名古屋驛麺通り店の写真1月8日 1130分 待ち客7名に接続、後客続々 1140分には入店

名古屋麺通りの期間限定店、鬼金棒の後は福岡の名店か。まさか名駅で海鳴さんの魚介とんこつがいただけるとは…。福岡で食べた際に再訪したいと願っていたし、この期間限定運営、初めの凪、次の鬼金棒とも味のクオリティは下がってなかったから、これは行くべしと行列に並ぶ。

魚介とんこつ(780円)、後に替え玉(150円)を。食券制ではないテーブルオーダー、ラーメン頼む際に替え玉を頼むと丼着と一緒に替え玉もくるらしい。そんな忙しなくしなくてもいいので自分タイミングで替え玉を。

うーん、とっぷりとクリーミー、トンコツの甘さとベースの魚介の深みある交わり合いがやっぱりユニークで美味い。表面には細かな泡、一幸舎までの泡系ではないがまずはそんなビジュアルが飛び込んでくる。かえしもあるだろうけど、煮干しや節をたっぷり使った魚介炊き出しがそうさせるのか?白のトンコツスープではなく、少し茶濁な色未。その煮干し&節がきいている。メニュー裏の解説には和風出汁のような、と記載されてるが、僕にはどちらかというと洋なブイヤベースな舌残りの味を感じる。トンコツのまろやかさと甘さでコーティングされてるがそんな煮干しや節のほろ苦さなども下地で腰をおろしていて、そのお美味しさは洋な空気をだしてる。そこにネギと玉ねぎのアクセントがいい。

細ストレート麺はとてもみずみずしく磨かれてる。かたオーダーだけど、固さというより芯がしっかりしていて、冷麺のようなツルッと感ある重量も感じる。はい、すかさずなくなっちゃった。替え玉お願いいたします。

替え玉には薄く醤油だれがまぶされていて正直そのままでも美味い。ザクザクザクザク…おっといけないいけない、スープに投入しつつ卓上トッピングを物色。紅しょうがは甘さ感じる酸味おさえぎみのテイスト。クタってなくてフレッシュ、刻みニンニクも紅しょうが的な切り刻みで存在感ある噛みごたえにオイニー。

うん、進化系博多トンコツはここでも健在だった。お会計中で気がついたがクレジットカードリーダーが凪のものだった。この期間限定店で引き継がれているのが、海鳴さんの修行元だった凪さんの繋がりか、わからなかったけどどちらであってもおもしろい。

ごちそうさまでした。次回はやっぱり福岡で伺います。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

スージーさんこんばんは~。
名古屋で本場北九州ラーメンですか(^^)
ナカナカ貴重な情報ありがとうございます♪

あたと_13号 | 2019年1月11日 18:10

あたとさん、名駅の鬼金棒だった期間限定スペースがこちらに変わってました
もともと海鳴さん好きだったんで思わず入店。
てか、やっぱり雰囲気含めてお味なんで博多で食べた方が美味い気しますけどね~

スージーのなのなQ | 2019年1月11日 22:31