なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「寿(大盛り・味玉付き)」@好来分店の写真【店名】                   薬膳らーめん 好来分店



【場所】                      名古屋市中区



【営業時間】                    11時~翌2時



【定休日】                       月曜日



【席数】                         27席

 

【メニュー】                     寿(麺大盛り・味玉付き)



【値段】                           1300円



【2019年き合計金額】                  5290円



【スープ】                          醤油



【麺】                           中細麺ちぢれ?



【点数】                            63点



【感想】



2019年6軒目は、名古屋市中区のCBCテレビの真ん前に有る〝薬膳らーめん 好来分店〟。約4年ぶりになります。名古屋のご当地ラーメンは、何も〝台湾ラーメン〟や〝台湾まぜそば〟だけではない。所謂、〝好来系〟と呼ばれる系譜のラーメンも立派な名古屋のご当地ラーメン。本家は、千種区に有る〝総本家 好来道場〟で、その店で修行をされた方々が、暖簾分けと言う形でそれぞれ店を構えています。勿論、同じ場所で修行しても、結局作るのは人で有るし、技量も違えば材料も違うので店によって味が違って来るのも当然だし、店によっては独自のカラーを出そうとしている店も有るのも事実。逆に言えば、食べる側も味覚は千差万別で好みの味で有ったり、好みではない味が有るのも事実。だけど、どうしても本家と比べてしまうのも有る意味仕方のない所なのかも知れません。さて、今回注文したのは〝寿〟。この店を含めて〝好来系〟のほとんどの店のメニュー表記は、独特で〝松〟・〝竹〟・〝寿〟と言った漢字一文字でメニュー表記されていて、久しく行っていなかった自分も少なからず戸惑う。まあ店員さんに聞くのが一番早いのだが、要するに〝松=チャーシュー麺〟が基本となって〝竹〟はメンマ増量。〝寿〟は、〝チャーシュー増量〟。仮に〝竹寿〟と表記されていれば、〝メンマ・チャーシュー増量〟と考えて行けば良いのである。さて、約4年ぶりとなる〝好来分店〟はどうだろうか?スープは、動物系・魚介系・根菜系を使った〝あっさり〟とした醤油ベース。若干、醤油によるものなのか?魚介系によるものなのか?は分からないが、塩気が強い気がする。ある程度のコクも感じるのだが、最初の一口目・二口目は薄味に思える。次第にチャーシューの旨味がスープに染み込んで行くとスープの味が濃くなって行く。濃くなると言っても〝あっさり〟スープで有る事には変わらないので、テーブルに置いて有る、〝胡椒〟・〝ガーリックパウダー〟・〝自家製ラー油〟等を使って味の変化を楽しむのも〝好来系〟の特徴。その為、スープよりも麺の量が少ないのも〝好来系〟の特徴。そのバランスを保つ為に、〝好来系〟に限っては大盛りを注文するのである。とは言っても、自分も本家や他の〝好来系〟には久しく行っていないので比べるのは難しいのだが、自分の中に有るイメージだと、もう少しスープにメリハリが有る様な気もする。麺は、〝中細麺ちぢれ?〟かな?本家を含めた、ほとんどの〝好来系〟では、〝中太麺〟だった記憶が残っていたので、この麺は意外であった。ツルシコの食感と程良いコシが有るのは良いのだが、スープ・麺と共にイメージに有る〝好来系〟とは少し違う気がした。チャーシューは、う~ん薄過ぎる。噛み応えも乏しい。メンマもフニャフニャ。ネギだけが、妙に存在感が有って煩いくらい。これが、普通の〝醤油ラーメン〟と言う事ならば有る意味納得なのだが、〝好来系〟と考えると満足度は低い。中休みが無いので使い勝手は良い店だと思うし、自分の様に余り固定観念に縛られなければ良いのだが・・・・・。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。