なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「豚骨ラーメン」@九州楼 吹上店の写真9月某日、本日は2日間に亘るイベントアテンドでの名古屋出張初日。会場の「吹上ホール」で午前中V.I.P3名のアテンドを終え、昼ラーに突撃したのはこちらの店。

どこかラーメン屋が無いかとスマホ探索した結果、会場近くでヒットした店。当然ノーマークにしてほとんど情報の無い店であるが、近くにここしか無いからして突撃してみる。

12:50着、先客4名、先ずは壁メニュー(メニュー写真)で軽く確認後、券売機(同)にてデフォの“豚骨ラーメン”(650円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客2名。メニューには「すっぽんラーメン」はたまた「まむしラーメン」があり、ゲテモノにも対応。

店内厨房では店主のオヤっさんとおかんの夫婦?2名体制。オヤっさんが寸胴で豚骨をかき回しており、店内強めの豚骨臭が漂い、豚骨大好き「豚野郎」としては期待が高まる。この「九州楼」、かつては「九州楼本店」「九州楼総本店 テルミナ店」があった模様だが、現在はこの「吹上店」だけの模様。そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー5枚、半味玉、メンマ、ノリ2枚、刻みネギが、豚骨スープに乗っている。

スープから。ラード玉の浮く豚骨スープは炊き出し感はあるのだが、豚骨のコクがイマイチ希薄。店内の豚骨臭から期待する程のブタクサーも無く、ライトな豚骨で、店内のニオイと実際のテイストのギャップに軽くあれれ?合わされたカエシの塩分濃度も適宜なので、これも信州人には全体的に「薄い」と感じられる一因に。間違い無く豚骨の炊き出し感はあるものの、豚骨濃度が薄目。さりとて豚骨のクセは味わえる豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートな中細麺。加水のある麺で、茹で加減は普通、ツルモチとした食感。私的イメージする九州ラーメン(=博多ラーメン)の様な加水のある麺では無いのがチト残念。

具のチャーシューは、薄切りの豚バラチャーシューながらも5枚あるのがイイ。薄味付けで普通に美味い。半味玉は硬めで、薄醤油の味付け、こちらも普通に美味い。デフォで付いているのはイイ。メンマも薄醤油ダレの滲みたサクコリ食感。中ぶりのノリの磯風味は希薄。刻みネギの薬味感はまずまず。

スープは少しだけ残し。名古屋への出張の昼ラーに突撃した全くのノー・マークにして情報の無いこちらの店での「豚骨ラーメン」。それは店名が表す様に九州豚骨のラーメンで、店内での豚骨炊き出しもあり、それなりの豚骨感はあるものの、その濃度が店内に漂うニオイに反して薄さを感じる一杯。炊き出し感はあり、決して不味くはない豚骨ではあるが、何故か「薄い」と感じさせる不思議な豚骨スープであった、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。