なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「とんこつ(白)ラーメン +半熟煮玉子:クーポン券」@元祖 麺屋 原宿 名古屋金山店の写真4月某日、夜、本日は名古屋でのミーテイングの後、同じチームの岐阜エリア担当の上官がこの度異動となったので支社近くの居酒屋で送別会。その後、二次会は上官の贔屓店?の金山のお好み焼き屋で更に盛り上がる。

明朝早くに信州に帰還するのでお開きになった後、ホテルに戻る途中で、やはり〆ラーが食いたくなる。そこで単独夜間出撃に向かったのはこちらの店。先日も実際に東京・原宿に行ったのだが、何故か筑豊ラーメンの店らしい。

22:25着、先客3名、入口にある券売機にて初訪故に左上の‘とんこつ(白)ラーメン’(680円税込)をプッシュ、カウンター席に着座、後客5名。サーブのおねーちゃんに券を渡す時、予めチェックしていたケータイクーポンを提示、「半熟煮玉子」もオーダーする。

卓上のメニュー表(メニュー写真)を眺めつつスタンバる。「ラーメン」は全て「とんこつ」、店内はうっすらと豚にイイニオイが香る空間、豚骨大好き「豚野郎」としては思わずニンマリ。「筑豊ラーメン」と言うと、勝手にかなり濃厚なテイストをイメージするのだが、如何に?そして待つ事4分、着丼。

ビジュアルは、チャーシュー2枚、キクラゲ、ノリ、刻み小ネギ、そして半熟煮玉子が、黄茶濁した豚骨スープに乗っている。

スープから。「混じりけなし!100%豚骨!!」を謳うスープは、意外や豚のクサミは抑えられつつも、相応の豚のコクが宿っている。スープには顆粒状のモノが混じっており、始めは背脂かと思ったが、どうやら擦りゴマが含まれている様だ。これもスープのコクに一役買っている。カエシは九州醤油か?塩分濃度も適宜でライトな醤油感が味わえる。油浮きは少ないので、コッテリ感は無いのだが、豚のコクと旨味が味わえる美味い豚骨スープである。

麺は断面四角のほぼストレートの細麺。加水の少ない麺で、博多ラーメンの様に麺の硬さの指定は無かったが、茹で加減硬めが良く、コナモチとした食感がイイ。小麦の風味もうっすらとする。なかなか美味い麺である。

具のチャーシューは薄切りの豚バラチャーシュー。好みの脂身が多いタイプで、ジューシーで味付けもなかなか美味い。キクラゲは千切りでコリコリとした食感が良く、味もある。美味い。ノリは磯風味あり。刻み小ネギの薬味感はスタンダード。半熟煮玉子は薄味付けで、黄身がとろけてなかなか美味い。

スープ完飲。名古屋出張の飲み会の後、〆ラーを求めて単独突撃したこちらの店での「豚骨ラーメン」、それは「筑豊ラーメン」と言う事で、豚のクサミを抑えながらもコクがあり、加水率の少ない細麺でイクなかなか美味い九州ラーメンであった。しかし炭鉱労働食をイメージする「筑豊ラーメン」でありながら、何故に店名がオサレな「原宿」なのだろう?謎だけが残った、、、

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。