なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
2017年12月18日の今日の一杯

東京都福生市牛浜

JR青梅線、牛浜駅と福生駅の中間くらいに位置するお店。お好み焼き屋の「道とん堀 福生本店」のすぐ近く。牛浜駅から向かうとお店があるはずの場所に「田村」という表札の普通の住宅があり焦ったが反対側に回り込むとちゃんお店の看板があった。店内は和小料理屋のような美しい作り。

こちらの店主さんはラーメン評論家の石神秀幸氏が塾長をつとめる「食の道場」出身。更に町田の「一番いちばん」でも学んだとの情報も。麺メニューは「中華そば」、「まぜそば」、「つけめん」があり、昆布水を使用したという「つけめん」も気になったが「中華そば」の特製版「中華そば極」(1100円)をいただいた。

最近流行りのいわゆる「ネオ中華そば」的な美しいルックスだが、味はどこか昔ながらの鶏ガラベースの東京中華そば的な親しみある味付け。麺は三河屋製麺のしなやかな中細麺。”極”ということでチャーシューは鶏チャーシューと豚チャーシューが結構はいっていた。全体的に素朴さと洗練が一つのどんぶりに同居したような一杯であった。

お店データ

麺や 田むら

東京都福生市志茂143-7(牛浜)