なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「嘉六すだちつけ麺…820円」@つけ麺 丸和 春田本店の写真2018.7.9夜2 メニュー名に冠しているように、嘉六氏へのリスペクトを込めた本品こそ、同店が正真正銘の丸長直系である事の証。
当然ながら「ヌル」コール、加えて同品の初期仕様であった塩もコール。

まずはすだち汁を和えた麺に塩を少量添えて、つけ汁を介さずそのまま啜る。
塩気とすだちの酸味のおかげで麺の甘みがグッと際立ち、この状態でも全量食べきってしまえるほど十分に美味い。

「丸長」の二文字が記された器に入った、甘辛酸が整ったつけ汁に潜らせて啜れば一層ゴキゲン。
ハシゴ中なので中盛(茹で前300g)にしておいたが、本当にどんだけでも啜っていられそうな痛快な美味しさ。

初めて食べた時に衝撃を受けたが、それから8年の歳月を経て一段と愛着が増している事に気付いた。
いつまでも食べられると嬉しいなぁ…嘉六イズムよ、永遠なれ。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。